PMSと月経期など

PMS(月経前症候群)で悩まないで-現代社会に生きる女性は、常にストレスに囲まれているといっても過言ではありません。

PMSと月経期など/PMS(月経前症候群)の基礎

卵胞期(低温期)について

生理後〜排卵期までの期間を卵胞期、または低温期といいます。脳の視床下部はホルモン(性腺刺激ホルモン放出ホルモン)を分泌して、脳下垂体を刺激します。これによって脳下垂体から二種類の性腺刺激ホルモンが分泌されます。 卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンです。これらのホルモンは血液に乗って卵巣に届き、卵巣を刺激します。卵胞刺激ホルモンは、卵巣の中の原始卵胞を発育させ、成熟させます。この時、卵巣で成熟した卵胞が卵胞ホルモン(エストロゲン)を分泌します。エストロゲンは子宮内膜に働きかけて子宮内膜を厚くし、受精卵が着床しやすくしていきます。この原始卵胞のうち数個から多くて数十個が、月に一度、卵胞に成長するのです。卵胞からは卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌され、子宮内膜がやわらかくなっていきます。これは受精卵の着床しやすい条件整備と栄養の豊富な血液を蓄えるためです。卵胞ホルモン(エストロゲン)は体温を下げるので、この時期は低温期となります。


排卵期について

卵胞が成長していき『卵胞ホルモン(エストロゲン)』の分泌がピークになると、“下垂体”からの『卵胞刺激ホルモン』の分泌が抑えされ、複数あった卵胞の成長は『卵胞刺激ホルモン』の分泌が抑制された事で1つに絞られ、それ以外の卵胞は発育を止めてなくなります。同時にエストロゲンが脳下垂体に働きかけて、黄体化ホルモンの分泌をうながします。黄体化ホルモンの刺激によって、卵胞の膜が破れ、卵子が飛び出します。これが排卵です。そして飛びだした卵子は、卵管の先端にある卵管采(らんかんさい)から卵管に取り込まれて、子宮へと入っていきます。この排卵を境に体温が上がります。卵胞期と黄体期の間にあるのが排卵期です。

黄体期について

排卵した後の卵胞は黄体と名を変えて、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌します。この黄体ホルモンは妊娠に備えて子宮内膜をやわらかくする役割を持ち、血液と養分が子宮に送られ、子宮内膜の妊娠準備が整えられていきます。そして妊娠していなければ黄体ホルモンの分泌量は黄体期の中間あたりにピークを迎え、その後はだんだんと減っていき、黄体も衰えていきます。卵管の太い所で卵子と精子が結合して受精卵となり、子宮内膜に着床すると妊娠です。卵胞ホルモンの代わりに黄体ホルモンが分泌されるようになると、子宮内膜から粘液がでて受精卵が着床しやすい状態となります。受精卵が着床すれば、黄体ホルモンがさらに分泌され、子宮内膜の受精卵育成に適した状態を保ちます。黄体ホルモン(プロゲステロン)は体温を上げるので、この期間は高温期となります。

月経期について

妊娠(受精卵が着床)しなかった場合には、黄体の働きが衰え、黄体ホルモンも分泌されなくなります。すると不要になった子宮内膜がはがれ、子宮内膜に蓄えられていた血液といっしょに体外へ排出されます。これが、月経(生理)です。生理の情報は脳の視床下部に伝えられ、また新たに卵胞期がスタートします。黄体ホルモンが分泌されなくなるため、体温も下がります。このような規則正しい女性のサイクルは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2種類の女性ホルモンの増減によるものです。このサイクルは健康であれば、閉経まで続きます。

美容・健康情報

最新のネイルをお探しなら、まずは店舗検索から。渋谷にあるネイルサロンを厳選してご紹介。その他ネイルに役立つ基本情報もご紹介していますので、是非ご参考にしてください。

PMS(月経前症候群)の基礎

PMSの原因

PMSの症状

PMSの治療

PMSの予防

リンク集

Copyright(c) PMS(月経前症候群)で悩まないで -症状など All rights reserved .