PMSと基礎体温の知識

PMS(月経前症候群)で悩まないで-現代社会に生きる女性は、常にストレスに囲まれているといっても過言ではありません。

PMSと基礎体温の知識/PMS(月経前症候群)の基礎

基礎体温とは?

基礎体温というのは、体の動きが一番安静な状態の時の体温のことを言います基礎体温とは、体が眠った状態のまま体温を測った時の体温を言いますが、寝ている時に体温は測れませんので、朝起きて布団から出る前に口で体温を測ります。通常の体温計とは違って、婦人用体温計というのが販売されています。朝起きて布団から出る前に計りそれを毎日記録していきます。一日二日計り忘れたからといって止めてしまわず、計り続ける事に意味があり、体温の変化によって体調の管理ができるようになります。基礎体温を記録するものは、自分で見て分かるような記録でもかまいませんし、婦人用基礎体温表というものが薬局などでも売られています。日々続けることが体調管理に繋がります。


基礎体温でわかること

PMS(月経前症候群)をコントロールするために、基礎体温を毎日測る事が良いとされていますが、基礎体温の理解は、自分の排卵日が特定できますし、そして、自分の体調管理、妊娠の有無等が見て分かることに繋がります。通常、基礎体温は生理一日目から排卵日までが低温期、排卵日から次の生理開始日までが高温期と呼ばれています。排卵日の前後になると、基礎体温は通常の基礎体温よりもより低くなり、そして排卵されると体温は上昇し高温期となります。それは、個人差がありますが、排卵がある人には、体温が二層に分かれます。二層に分かれない人は、排卵がない場合があったり、排卵しても高温に体温が移行せず、ホルモンのバランスが崩れているという可能性があります。基礎体温を知ることは、自分の体調管理にとても役立ちます。

基礎体温の測り方

基礎体温を測り方ですが、まず「婦人体温計」と「基礎体温表」を用意しましょう。どちらも薬局で購入できます。人間は、朝起きて活動を始めると、エネルギーを使い、体温も変化します。色々な活動を始める前、朝、目を覚ました時に、そのままの状態で測った体温を「基礎体温」と言います。基礎体温は普通の体温計ではなく、専用の婦人体温計(基礎体温計)というもので測ります。「婦人体温計」と「基礎体温表」を用意したら、毎朝、目を覚ましたままの状態で体温を測ります。まず朝、目を覚ましたら、起き出す前に身体を動かさず安静な状態で測ります。測り終えた体温を、基礎体温表に記入して、前日の点と結びます。正確な基礎体温曲線を見るためには、毎朝一定の時刻に測ることが大切です。基礎体温が低温期から高温期に移行するあたりで排卵が起こります。PMS(月経前症候群)の症状が早くから出る方は、この辺りから身体的な症状や精神的な症状が出始めます。基礎体温を測り自分のリズムを知ることでPMS(月経前症候群)は軽減することができますので、是非基礎体温を測りましょう。

PMS(月経前症候群)の基礎

PMSの原因

PMSの症状

PMSの治療

PMSの予防

リンク集

Copyright(c) PMS(月経前症候群)で悩まないで -症状など All rights reserved .